空家率過去最悪

空家率が13.6%で過去最悪、平成年間に戸数倍増

総務省が2019年に4月26日に発表した「平成30年住宅・土地統計調査」では、全国の空家数は約846万戸で、空家率は13.6%に達しました。現在の基準で調査を開始した1963年以来、最悪の数値。