相続に関する法律が改正されます

〇1980年の改正以来、民法の相続に関する部分が大きく見直されました。

 

大きくは

≪1≫被相続人の死亡により残された配偶者の生活への配慮等の観点から

①配偶者居住権の創設

②婚姻期間が20年以上の夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇措置

≪2≫遺言の利用を促進し、相続をめぐる紛争を防止する観点から

①自筆証書遺言の方式緩和

②法務局における自筆証書遺言の保管制度の創設

≪3≫その他

①預貯金の払戻し制度の創設

②遺留分制度の見直し

③特別の寄与の制度の創設

 

※新制度はそれぞれ開始日が異なりますので注意して下さい。

001277454