ご存じですか住居確保給付金

住居確保給付金は国が実施する生活困窮者自立支援法に基づく制度の1つです。

仕事を辞めたりして生活に困ってしまい、住む場所を失ってしまったり、家賃の支払いが困難になり退去を求められるおそれのある人に対し、住居確保給付金を支給することにより住居の確保や今住んでいる住居に住み続けられるように擦ろことを目的とします。

 

<支給対象者>

・申請日において65歳未満で会って、離職後2年以内の者

・離職等の前に世帯生計を主として維持していたこと

・ハロワークに求人の申し込みをしていること

・国の雇用政策による給付等を受けていないこと

 

<支給額>

賃貸住宅の家賃額(上限額は住宅扶助特別基準額)

<支給期間>

原則3カ月

 

パンフレットも参考にして下さい。